• All
  • Cloud
    • Solutions
    • Virtualization
  • Data
    • Analytics
    • Big Data
    • Customer Data Platform
  • Digital
    • Digital Marketing
    • Social Media Marketing
  • Finance
    • Risk & Compliance
  • Human Resources
    • HR Solutions
    • Talent Management
  • IT Infra
    • App Management Solutions
    • Best Practices
    • Datacenter Solutions
    • Infra Solutions
    • Networking
    • Storage
    • Unified Communication
  • Mobility
  • Sales & Marketing
    • Customer Relationship Management
    • Sales Enablement
  • Security
  • Tech
    • Artificial Intelligence
    • Augmented Reality
    • Blockchain
    • Chatbots
    • Internet of Things
    • Virtual Reality
  • All
  • Cloud
    • Solutions
    • Virtualization
  • Data
    • Analytics
    • Big Data
    • Customer Data Platform
  • Digital
    • Digital Marketing
    • Social Media Marketing
  • Finance
    • Cost Management
    • Risk & Compliance
  • Human Resources
    • HR Solutions
    • Talent Management
  • IT Infra
    • App Management Solutions
    • Best Practices
    • Datacenter Solutions
    • Infra Solutions
    • Networking
    • Storage
    • Unified Communication
  • Mobility
  • Sales & Marketing
    • Customer Relationship Management
    • Sales Enablement
  • Security
  • Tech
    • Artificial Intelligence
    • Augmented Reality
    • Blockchain
    • Chatbots
    • Internet of Things
    • Machine Learning
    • Virtual Reality
リスクベースの脆弱性管理 : 最大のリスクをもたらす脆弱性に集中する

リスクベースの脆弱性管理 : 最大のリスクをもたらす脆弱性に集中する

Tenable
Published by: Research Desk Released: Nov 26, 2020

脆弱性が多すぎて管理できていない ?  新しいアプローチを試してみてはいかがですか。

セキュリティチームは、チームの処理能力を超えた脆弱性に対処しています。限られた、しかも価値あるリソースを無理してでもすべての業務に対応させようとすると、業務は非効率になり、担当者は手に負えない量の作業量で過労状態に陥ることになりかねません。全くリスクのないような脆弱性を修復することに貴重な時間を浪費するのは是非とも避けたいことです。

リスクベースの脆弱性管理を導入することで、優先順位付けプロセスを自動化することができます。実際に悪用されるリスクの高い脆弱性、つまりビジネスにとって最も大きな被害を与える脆弱性を特定することができます。e ブック「最大リスクをもたらす脆弱性に集中する」は、次の内容について解説しています。ダウンロードして、ご一読ください。

  • リスクベースの脆弱性管理の導入で、「何を最初に修復すべきか?」がどのように解決できるか
  • 従来の脆弱性管理では、今日のデジタル世界に対応できない理由
  • CVSS が優先度付けツールとして不十分である理由。脆弱性データ、脅威インテリジェンスや資産重要度などのビジネスコンテキストを考慮することが必須である理由